家庭教師選びのポイント

家庭教師インフォメーション  TOP>家庭教師選び>家庭教師選びのポイント

ここでは、家庭教師を選ぶに際して気をつけるべき点について取り上げたいと思います。

生徒との相性が一番大切

これが最重要ポイントです。当然のことですが、家庭教師の中にも当たりハズレはあります。では、どの教師が優れているかを一概に言うことはできません。学校の先生や塾の先生の場合は、生徒数が多いために多くの生徒にとってよい先生が評判の先生ということになります。しかし、家庭教師の場合は生徒数は一人です。よって、生徒との相性が家庭教師を選ぶ上で非常に重要な要素の1つになってきます。 ただ、相性は出会ったその場で判断できるものではありませんので、まずは子供の直感で選んでみて、数回授業を行って、子供に感想を聞いてみて判断してください。 同様に、親との相性も大切ですが、最優先すべきは子供との相性です。「どうも気に喰わない」ということが無ければ、子供に選ばせてあげましょう。

コミュニケーション能力がある

どんなに勉強が出来ても、たとえ東大生であったとしても、人とのコミュニケーションが下手な家庭教師も沢山います。まず礼儀がしっかりしていて、親とも対等に話ができる家庭教師を選びましょう。子供はそこから学ぶことが非常に多いですし、コミュニケーションが下手な教師に、勉強の教え方がうまい人はまずいません。判断は面接で質問をしてみたり、雑談をすることで出来ると思います。

実績がある

出来る限り教えるのが初めて、という家庭教師は避けましょう。もちろんその方達全員が授業が下手とは限りませんが、確率的に考えれば、実績のある家庭教師のほうが教え方が上手く、コミュニケーションもとりやすいことが多いのです。
少なくとも2〜3人は受け持ったことがあって、中学・高校・大学受験に合格させたことのある家庭教師という条件は必ず入れておきましょう。多少、授業料は高くなってしまいますが、ここはケチるべきところではありません。


受験を経験している

意外に聞こえるかもしれませんが、受験を経験していない家庭教師の方というのも存在します。推薦入学や、エスカレータ方式で大学に入った人も、家庭教師をしていることが多いのです。特に中学受験の場合などはその例が顕著です。受験経験の無い人に、受験勉強を習っても、説得力が無いばかりか、学習プランを立てる能力も無いときがあります。受験対策を任せるのであれば、中学受験を目標としているなら中学受験の経験者を、大学受験なら大学受験の経験者を必ず条件に入れておきましょう。受験生ならではの悩みを共感することで、生徒は受験に対する不安が和らぐこともあります。


自分の勉強方法を確立できている

これは面接時に判断をします。必ず聞くようにしてください。「勉強方法を確立できていますか?」と聞いても意味がありません。「受験に向けてどのように勉強してきたか?」といったような切り出し方をしましょう。そこから話を膨らませていき、「受験勉強で大変だったのは?」「その解決方法は?」ですとか、「暗記についてはどう考えるか?」など、詳しく突っ込んで行くのです。
当然、答えを用意してきていないので、ちぐはぐな答えになるかもしれません。ポイントは、はきはきと答えられるか、ということよりも、要領よく勉強をしてきているか?ということを見極める事です。勉強法で重要な要素の一つに「要領の良さ」が挙げられます。その「要領の良さ」を子供に教えられる家庭教師は、非常に理想的な家庭教師といえるでしょう

有名大学在籍教師が優秀な教師?

よく親御さんの話で、有名大学に在籍している教師に教えてもらいたいという話を聞きます。また、家庭教師派遣会社の方も有名大学の教師しか採用しませんという宣伝をしたりします。では、有名大学の先生=優秀な教師なのでしょうか。NOだと思います。確かに有名大学に在籍しているという事は、小、中、高と勉強ができたに違いはありません。しかし、自分が勉強するのと人に教えるのでは月とすっぽんぐらいの差があります。

有名大学在籍の教師というのは小、中、高と自分は勉強ができたものですから、勉強ができない生徒に対して「どうしてこんな簡単なことがわからないの?」とイライラしてしまう場合もあります。よく考えてみてください。自分の学力に自信がないのに家庭教師を希望する人がいるのでしょうか。家庭教師を希望している以上は、在籍している大学名に関わらず、みんなそれなりの学力は持っているのです。

有名大学の先生は優秀ではないということを言っているわけではないのです。もちろん、有名大学の先生の中にも優秀な先生はたくさんいると思います。しかし、有名大学の先生だから優秀な教師だと即断してしまうのはどうかなと私は思うのです。では、優秀な教師とはどのような教師なのでしょうか。教師選びのポイントについて紹介します。

生徒をよく見ている

すぐれている教師というのは、生徒の性格、行動をよく熟知しています。生徒の性行を熟知していなくては、生徒が宿題をやってこなかった時や成績が思うように伸びないとき、やる気が出ないときにに適切なアドバイスをすることができません。よって、すぐれている教師は、生徒の性格、行動をよく熟知しているのです。では、家庭教師を選ぶ段階でどのようにしてこの教師が生徒をよく見てくれるのかどうかを判断するのでしょうか。まず、面接や体験授業で教師が生徒に対して積極的に話しかけているかを見るようにしましょう。

実は教師の方が不安

子供さんは初めて会う先生ということで、どんな先生だろうか?厳しいかな?優しいのかな?など不安な気持ちで面接や体験授業に臨むでしょう。しかし、実は、家庭教師の方は生徒よりももっと不安なのです。この生徒はどんな子なのかな。この生徒はやる気を出してくれるのだろうか。この生徒は私と打ち解けてくれるだろうか。この生徒の成績を上げることができるのか。など、実は家庭教師も非常に不安なのです。

生徒さん側は、家庭教師と性格が合わなければ教師をクビにすることもできます。派遣会社に対して代わりの先生を頼むことも可能です。しかし、家庭教師は「仕事」として教師をやっているわけですから、簡単に辞めるわけにはいきません。よって、ベテランな教師ほど責任感が強い教師ほど、生徒さんの性格を知ろうと心がけるはずなのです。 子供の性格がおおよそでもわかれば、ミスマッチを予め防ぐこともできますし、また実際の授業でも生徒の性格に合わせて指導することが可能になるからです。

後は両親のバックアップ

後は両親のバックアップと監視の目が必要です。毎回でなくとも出来れば授業も内容が聞こえる場所で実施させるのが良いでしょう。家庭教師にも良いプレッシャーとなって、しっかりとした授業を行おうとするので、家庭教師自身の質の向上に役立ちます。また、お茶やお菓子などは毎回出す必要はないですが、授業が終わった後に家庭教師とのコミュニケーションを図る為に、「一服」程度に話し合いの場を作ることも重要です。そのようにして、言い方は悪いかもしれませんが家庭教師を手なずけ、よりよい学習環境を作り出すことが、両親に出来る最大のバックアップなのです。

これは余談になりますが、家庭教師には基本的に交通費が支給されません。交通費についてはさりげなく親御さんから話を持ち出して、支払ってあげてください。これだけで家庭教師のモチベーションがかなり変わってきます。1回数百円程度で授業へのやる気が変わってくれるのであれば安いものですよね。

Valuable information

訳あり 梅干し

最終更新日:2017/8/18

ページTOPへ