家庭教師の個人契約と派遣業者

家庭教師インフォメーション  TOP>家庭教師選び>家庭教師の個人契約と派遣業者

家庭教師には個人契約で頼む場合と家庭教師業者との契約する場合とがあります。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

家庭教師の個人契約

家庭教師を知り合いや親族にお願いするのを個人契約といいます。この場合、中間業者を挟まないので、雇う側は費用を抑えることが出来ますし、その抑えた分の費用の分家庭教師側の時給を上げることも出来るので、お互いにメリットがあるといえます。もし、知り合いや知り合いの子供に、「実績のある」家庭教師がいるのならば、頼んでみるのもいいでしょう。

他の方法としては住んでいる町の商工所や図書館などの自治体施設やスーパーなどの掲示板に「家庭教師引き受けます」といった張り紙をして家庭教師の個人契約をしている学生なども見かけます。教師としての質などは実際に会って話して見ないとわかりませんが、「断る勇気がある」親御さんであれば一応当たってみても良いでしょう。

料金的な見極めとしては、一般大学生で時給1600円〜2000円。一流大学と呼ばれる大学の学生であれば時給2000円〜3000円くらいが相場です。個人同士の契約なので、気持ちよく契約をするためにも、値切ったりせずに、妥当な提示額の教師を選ぶようにしてください。

また家庭教師派遣業者で派遣された教師と子供との相性がとてもよく、成績も上がってきたので高い家庭教師業者を辞めて、直接その教師と個人契約をする、といった話もよく耳にします。しかしこれは規約違反につながります。多額の違約金をとるところが非常に多いので、あまりお勧めは出来ません(法的には問題はないと思われますが)。

そして気をつけておいていただきたいのが、「個人契約」を謳った家庭教師紹介業者です。紹介料を支払うのは当然としても、高額な教材をセットで売りつけてくる業者も実際にいます。教材の内容は大したものではない事が多いので、契約をする前に教材の売り込みが無いか、その他の追加料金が無いかをよく確認しておきましょう。

個人契約のデメリット

家庭教師の個人契約のデメリットとしては途中解約や家庭教師の変更が非常に難しいという事です。頼んではみたものの、子供との相性も悪く、成績も一向に上がらないとか、遊んでばかりでまじめに授業をしてくれないといった時に、契約の破棄を申し出るのは、家庭教師本人に対してです。これは非常に言い出し辛いと思います。従って最初の見極めが出来る事が大切です。

お勧めな方法としては、こちらで「試用期間」を設けることです。最初の面接時に、例えば「2ヶ月間を試用期間とする」と決めます。その試用期間内で判断して、継続か終了かを決めるという方法です。

もし、試用期間という話が出し辛いのであれば「子供との相性はやってみないとわからない。まず2ヶ月試して子供に選んでもらうという方法でもよいか?」とのように、“子供に選ばせる”というスタンスでしたら話を切り出しやすいと思います。そして試用期間が終わって、継続を希望する場合には連絡をする、としておけば、わざわざお断りの電話をこちらからする必要もありません。

家庭教師の個別契約というのは、教師に恵まれてさえいれば、双方にとってのメリットしかありません。ただ選択できる人数が少なく、なかなか見つからないのが問題です。しかし現在はインターネットの掲示板などでも募集をしていたり、mixiなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と呼ばれるコミュニティ内で地域別に募集を出すことも1つの方法です。インターネット越しなら契約前に質問もしやすいので、お勧めな方法です。

家庭教師業者・派遣業者

家庭教師派遣業者は「家庭教師のトライ」「家庭教師のタートル先生」などの全国で展開している大企業から、地域密着型の個人事業主が行っている業者まで様々なパターンがあります。

また「名門会」などのように、ただの大学生ではなくて、プロの家庭教師のみを派遣している業者なども存在します。当然料金も割高になってしまいますが、塾と家庭教師の良いところを併せ持っているので、金銭面を第一に考えていないのであれば非常にお勧めできます。

家庭教師業者の選び方は非常に重要になってきます。個人契約との大きな違いは家庭教師の交替が容易であることです(全ての家庭教師派遣業者が交替可能というわけでもありません)。家庭教師の登録数が多いので、“実績がある”とか、家の近い教師を選ぶ事ができるなど、「家庭教師を見つけやすい」「子供にあった家庭教師を選べる」といった点も大きなメリットです。

家庭教師派遣業者と個人契約とを比較してみると授業料の額は、前者の方が倍近くかかってしまいます。その分、上記のようなメリットがあるのです。

ポイントとして特に子供との相性を重視するようにしましょう。相性が良いということは、子供が家庭教師を気に入り、授業を楽しんで、勉強も好きになるという一石何鳥ものメリットが生まれるからです。逆に相性が悪いと、家庭教師に会いたくなくなり、勉強が苦痛となってしまい、デメリットが何倍にもなってしまいます。

そのため、家庭教師の交替が可能というのは一つの保険にもなります。親御さんは家庭教師を付けた後は、こまめに家庭教師と子供と双方からの話を聞くようにしましょう。成績が上がることも大切ですが、楽しんで勉強できること、机に向かうことが苦痛ではなくなることのほうがもっともっと重要です。

教師交代

■ まずは本部スタッフに相談

最初のうちは順調だった指導も、指導が進むに連れて、子供の成績が伸びない、子供の学習意欲が落ちる、教師の遅刻が多いなどの色々な問題が生じてくることがあります。そのようなときはまず、家庭教師センターの本部のスタッフに連絡を取って、家庭教師と話し合っていただくなどの対応を求めましょう。本部のスタッフからの指導や、ご家庭との話し合いによっても状況が全く改善しない場合には、家庭教師を交代してもらうようにしましょう。

■ 家庭教師側の都合での交代

家庭教師が大学生の場合などには、家庭教師本人の進路の事情によって指導ができなくなることもあり、このような場合でも交代が必要となります(このような教師交代は非常に勿体無いので、入会前の体験授業や面接で長期の指導が可能かどうかを必ず確認しておくようにして下さい)。

■ 本部から教師に通知

家庭教師を交代する場合に、大抵は家庭教師センターの本部の方から家庭教師側にきちんとした事情説明がなされますので、雇う側から家庭教師に直接伝える必要は特にありません。そういった、直接言いにくいことも代行してくれるのが家庭教師センターなのです。事情の説明さえも、ご家庭にさせるようでは、その家庭教師センターのサービスに問題があると言えるでしょう。その後は雇う側の希望に沿って、本部より新たに家庭教師が紹介されてきますので、面接や体験授業を行って、指導を再開することになります。

■ 教師交代は無料でできるのが理想

家庭教師の交代は、無料で何回でもできるというのが望ましいでしょう。家庭教師の人材が豊富な会社ならば、いくらでも良い先生がすぐに紹介できるはずで、家庭教師の交代料を設定して交代をしにくくする必要もないからです。

Favorite

貸会議室 八重洲口

2019/2/15 更新

ページTOPへ